iAsia

「ニュースのタネ」は認定NPO「iAsia」の運営です。

米トランプ政権、北朝鮮との事実上の「協議」入りをドタキャン(36)

トランプ政権による北朝鮮との事実上の「協議」の開始と見られていた北朝鮮外交官へのビザの発給が取り止めたとなった。ニューヨーク・タイムズ紙が25日に報じた。
ドナルド・トランプ大統領(www.donaldjtrump.comより)

ドナルド・トランプ大統領(www.donaldjtrump.comより)

記事によると、北朝鮮外交官へのビザの発給は24日の段階で国務省から了承が出ていたということで、ニューヨーク・タイムズ紙は、突然の取り消しになったとしている。

外交官を含む北朝鮮の高官6人を米国に招く計画を立てていたのは、外交問題を専門とする民間団体のNCAFP。国務省によるビザ発給の手続きが進められ、早ければ3月にも北朝鮮高官の訪米が実現するものと見られていた。

国務省が関与した招聘ではないが、国務省がビザの発給を認めることで事実上、トランプ政権が北朝鮮政府高官の入国にお墨付きを与えるものとして注目されていた。
ニューヨーク・タイムズ紙によると、NCAFPにビザが発給されるとの連絡が国務省から入ったのは24日の朝だったという。そして、その数時間後に取りやめになったという。
北朝鮮をめぐってはミサイル発射に加えて、金正男氏を、VXガスを使って殺害した疑いが持たれており、ニューヨーク・タイムズ紙は、金正男氏殺害事件がビザ発給取り止めの理由になったと思われるとしているが、その一方で、なぜ24日の段階でビザ発給の手続きが行われていたのか、明確ではないとしている。

Return Top