iAsia

「ニュースのタネ」は認定NPO「iAsia」の運営です。

新しい調査報道考えるシンポ報告(1) 全国会議員と知事の政治資金公開目指す「政治資金センター」の発足

調査報道を専門とする記者や研究者がジャーナリズムの重要課題について議論するシンポジウム「ジャーナリズム・フェスタ」。その第4回が10月28日、大阪市で開かれた。ジャーナリストの職能集団やNPOが2010年から実施しており、今回は「国境越え協働する調査報道の新地平を考える」をテーマとした。この春のパナマ文書報道を例に、携わったジャーナリストも交えて今後の調査報道の在り方を探った。同月5日に発足した一般社団法人政治資金センターの設立の経緯や今後の計画も報告されたほか、日本で先駆的に活動を始めている調査報道認定NPO法人アイ・アジアが、政治と金の独自報道について紹介した。(アイ・アジア編集部)

第1部では「政治と金」を伝える新しい仕組みについて3人が発表した

第1部では「政治と金」を伝える新しい仕組みについて3人が発表した。(写真=鹿嶋理英子)

アジアプレス・インターナショナル、自由ジャーナリストクラブ(JCL)、政治資金センター、DAYS JAPAN 関西サポーターズクラブ、アイ・アジアが共催し、インターネットによる動画配信も行った。会場には65人が訪れた。

Return Top