iAsia

「ニュースのタネ」は認定NPO「iAsia」の運営です。

<現地報告・バングラテロ事件>凶行に走った若者たちの素顔を追う(1) 実行犯サミーは裕福な家庭の18歳 宮崎紀秀

日本人7人を含め20人が殺害されたバングラデシュの首都ダッカのテロ事件。犠牲者は日本人の他、イタリア人、インド人などほとんどが外国人だった。レストランを襲撃した実行犯は、人質にした客や店員の中からイスラム教の経典コーランを唱えられなかった者を選別し、銃ではなく鋭利な刃物で殺害したとされる。治安部隊が射殺した実行犯5人のほとんどは裕福な家庭の出身で、高い教育を受けた10代後半から20代の若者だったという。彼らは、なぜ外国人、異教徒に強い憎しみを抱き犯行に及んだのだろうか? 国際ジャーナリスト宮崎紀秀が、バングラデシュの実行犯たちの故郷を訪ねた。(アイ・アジア)

サミーの父

息子の写真を見せる実行犯ミール・サミー・ムバシールの父(筆者撮影7月5日)

◆実行犯サミーは裕福な家庭の18

事件発生から4日後の7月5日。雨の中を事件現場となったレストランのある大使館街から車で約30分走った。軍関係者が多く住むという静かな住宅街に大きく張り出たベランダが特徴的な白い壁の6階立てのマンションがあった。そこが実行犯の1人ミール・サミー・ムバシール(18歳)の家族が住むマンションだった。

雨に濡れまいと1階部分の駐車場に駆け込むと、すでに外国の通信社など数名の記者やカメラマンが来ていた。なぜならこの前日、米紙・ニューヨーク・タイムズがサミーの父親のインタビューに成功し紙面を飾っていたからだ。その父親はマンションの警備員を通じて日本のメディアの取材には応じる意向を伝えてきたが、身の安全を考え多くのメディアに曝される事態や特にバングラデシュ人との対面に躊躇していたようだった。

その待ちぼうけ状態はおそらく1時間以上続いたが、最終的には他の記者たちも父親本人の意向を聞き入れ、その時までにマンションに来ていた日本の新聞記者と民放テレビの記者とカメラマン、それに私を含めた日本人4人だけが面会する運びとなった。

Return Top