iAsia

「ニュースのタネ」は認定NPO「iAsia」の運営です。

<「エグザイル」公演の落雷死亡事故> 会場管理団体が「「雷聞こえたら逃げて」の看板設置か 被害者母驚愕、「どこに逃げろというの?」

2012年に大阪市で開かれた人気音楽グループ「エグザイル」のコンサート会場で発生した落雷による死亡事故について3月に、アイ・アジアが報じた記事が波紋を広げているようだ。会場となった長居公園には、雷に注意するよう伝える立て看板が立てられた。しかし、その記述を見て驚愕したのは、外ならぬ遺族だった。(アイ・アジア編集部)

長居公園(大阪市)に設置されている看板(撮影:鈴木祐太)

長居公園(大阪市)に設置されている看板(撮影:鈴木祐太)

大阪市東住吉区にある長居公園。世界陸上も開かれた大阪を代表するスポーツ会場だ。ここで4年前に落雷事故死が起きたことは、3月15日のアイ・アジアの報道で知られるところとなった。記事が出た後、花をたむける人の姿が見られるようになった。

事故が起きたのは2012年8月18日。人気グループ「エグザイル(EXILE)」や「三代目 ジェイ・ソウル・ブラザーズ(三代目J Soul Brothers)」などが出演する「エイ・ネーション2012(a-nation 2012)」のコンサートが予定され、多くの人が長居スタジアムに来ていた。その一人であった岩永牧子さん(福岡県北九州市)とその友人が、スタジアムがある公園内で落雷に遭いその後死亡した。
今、公園には落雷への注意を呼び掛けた看板が立てられている。競技場の管理主体である大阪市の外郭団体である長居パークセンターが立てたものだ。そこには以下のように書かれている。

Return Top