iAsia

「ニュースのタネ」は認定NPO「iAsia」の運営です。

沖縄で密かに行われていた陸自-米海兵隊合同訓練 米軍映像で確認 進む日米軍事一体化、沖縄でも

藪の中を分け入る戦闘訓練。顔や所属は見えないが自衛隊員だと思われる。(米軍の広報サイト DVIDSより)

藪の中を分け入る戦闘訓練。顔や所属は見えないが自衛隊員だと思われる。(米軍の広報サイト DVIDSより)

米軍海兵隊普天間基地の移設問題や、後を絶たない米軍関係者による犯罪などで揺れる沖縄で、陸上自衛隊と海兵隊の合同訓練が実施されていたことが明らかになった。米軍の公開した映像からアイ・アジア編集部が確認した。(アイ・アジア編集部)

映像は、5月19日に撮影されたもので、沖縄北部のゲリラ戦訓練施設での海兵隊部隊の訓練に、陸上自衛隊員が参加している姿が映っている。(米軍の動画はこちら)米軍によると、場所は沖縄県の北部に広がる米軍専用の訓練施設で、5人の陸上自衛隊員が参加していたという。

自衛隊は、尖閣諸島などが占拠された際に奪還するための部隊として、米海兵隊をモデルとした「水陸機動団」の編成に着手しており、九州に展開する西部方面普通科連隊をその主力とすることを決めている。米海兵隊も、自衛隊の「水陸機動団」の育成に協力しており、これまで米国本土で米海兵隊と自衛隊との合同訓練などが行われてきた。

ビデオの中で沖縄での日米合同訓練について説明する米軍幹部。「Japanese Army」と発言していた。(米軍の広報サイト DVIDSより)

ビデオの中で沖縄での日米合同訓練について説明する米軍幹部。「Japanese Army」と発言していた。(米軍の広報サイト DVIDSより)


Return Top