iAsia

「ニュースのタネ」は認定NPO「iAsia」の運営です。

拉致の記憶~蓮池兄がたどる拉致事件③

弟の中央大学の学生証貼付写真。
弟の中央大学の学生証貼付写真。
仕事を持つ両親は、休みになると弟を捜しまわった。しかし手掛かりは何も出てこない。警察は動いてくれない…。家族として弟の救出に奔走した蓮池透がたどる知られざる拉致の記憶。その第三弾。

●家族で捜し回る日々

弟がいなくなった当時、父は教師で母は柏崎市役所の職員だった。父は学校が夏休みだったが、母は不明になった次の日から仕事がある。職場にいながら息子がいなくなったことで苦しい日々を送っていたと思う。私は、8月中旬、当時勤務していた福島から帰省する予定だった。
弟は、そのうちふらっと戻ってくるのか、重大な事件に巻き込まれてしまったのか、それともその中間なのか、なにせ何も手がかりのない中、私たち家族は気持ちをどのような方向へ持っていったらよいのか、まったく分からない状態であった。いっそのこと、誘拐犯から身代金要求の電話がかかってきた方がどれだけ楽だろうかとさえ考えていた。
父は長い間小学校の教師勤務を経て、事件当時は地元の養護学校(現在の特別支援学校)の教師をしていた。父は、息子の心配をあまり口にしなかったが、黙々と自ら捜索をしていた。母からは福島にいる私に度々電話がかかってきた。
「今日も帰って来なかった。本当にどうしたんだろう」
「・・・」
同じ会話の繰り返しに、私も返す言葉を見つけられないことが多くなっていた。
時折は、私から電話をかけた。
「何か手がかりあった?」
「何もないよ・・・」
「そうか・・・」

●警察からの情報はなく

時間が止まっているような気がして、胸が詰まった。狐につままれたという感覚だろうか、「不思議だ」と言うしかないのが率直なところだった。
当時の実家は、祖父、祖母そして両親の4人暮らしであった。祖父母は、孫のことを非常に心配していたが、祖父は結局、孫の顔を見ることなく他界してしまった。祖母は、24年間弟を待ち続け再会することになるが、孫の顔を見て気が緩んだのか、その1年後に亡くなった。
弟がいなくなってからの1年間程は、両親は仕事が休みの度に広範囲を捜し回り、私もできる限りのことをしていたつもりだ。一方、警察は捜査している様子すらなかった。こういうことは言わない方がいいと言う人もいるが、事実だけは書いておきたい。弟の行方がわからなくなった後、それに一部で北朝鮮の関与がささやかれ始めた後に至っても、警察から弟の情報など一切もらったことがない。これを警察批判というなら警察批判ととらえてもらっても構わない。もちろん、警察には目の前に対応すべき多くの案件があったのだろう。しかし、私達の願いについては、対応していたと思える事実は無かった。それが現実だ。

●兄と弟

普通にそこにいたはずの弟がいないのはなぜかと思うと、むしょうに腹が立った。悲しい気持ち、苦しい気持ちもあったが、怒りもあった。
「なぜいなくなったんだ。早く帰って来い。この馬鹿野郎」
そういう気持ちは強かった。
希望を持ったり、諦めたり、さまざまな感情が渦巻いていた。その気持ちは、こういう目に遭った人間でなければ分からないだろう。両親とも昼間は仕事をしているため、少しは気が紛れたかもしれないが、仕事が終わった後はずっと息子のことを考えていたはずだ。
横田めぐみさんの母親の早紀江さんは、専業主婦だったため、夫の滋さんが会社へ、息子さんたちが学校へ行った後は、家に一人残され何度死のうと思ったか分からない、と話していた。
私たち兄弟は、小さな頃から兄と弟という上下関係について堅いものがあった。「お兄さんが言ったことに反抗するんじゃない」と両親はもちろん、祖父母にも言われていた。私の言うことを聞かざるを得ない状況であったことから、弟には「何くそっ」という反骨精神のようなものが芽生えていたようである。しかし、兄弟の仲は良くも悪くもない、普通だった。
弟は、中学時代は野球に没頭していた。弟が野球少年だったことは帰国後にキャッチボールをする姿が報じられたので覚えている方も多いと思う。それが、高校生になると一転、それまで全く家族で話題にならなかった演劇部に入ると言い出した。どのような心境の変化があったのかはわからないが、あまり周囲にどう思われるかなどは気にしない人間だったような気がする。
弟が高校の修学旅行に祖父のレインコートを着て行ったのを覚えている。その頃、古ぼけたレインコートを着た刑事が主人公の「刑事コロンボ」というアメリカのテレビドラマが流行っていた。ひょっとしたらその影響だったのかもしれないが、今で言えば古着、ヴィンテージなのだろうが、着古した洋服を好んで着ていた。
要は、せかせかせず、マイペースでのんびり屋、悪く言えば、ずぼらだったように私には見えた。後述するが、今の弟はそういう点について、大きく違う…。少なくとも私には、変わったように見える。

●学費を払うのを止めなかった両親

当時の弟についてさらに話を進めよう。弟は高校卒業後、中央大学法学部に進む。学生時代の弟は政治にはあまり関心がなく、野球が大好きで大学の体育の授業でも野球を選択し、その成績だけは良好だった。
私が大学4年、弟が1年のとき、東京中野のアパートで1年間だけ同居していた。六畳一間だったが、こんなエピソードがある。ある日私が、部屋のカーペットを新調したのだが、弟が麻雀をしてタバコの火を落とし焦がしてしまった。私がひどく怒ったところ「座布団を敷いておけば見えないじゃないか」と言うのだ。呆れたものだが、これも、細かいことに気を止めない大雑把な性格から来た一言なのだろう。
弟は、法学部であったことから、将来は弁護士が司法書士になりたいと考えていたようだ。将来地元で開業することになったら、父に土地を提供して欲しいという話もしていた。
父は「いくらでも協力するから頑張れ」と励まし、快諾した。私と弟、それに妹の3人の子供全員が家を離れての生活だった。実家は、両親と祖父母と4人暮らしになっていた。弟が帰ってきて地元で開業したいというのは、両親にとってはさぞ嬉しい言葉だったのだろう。
弟が大学3年のとき、中央大学は千代田区から八王子市に移転した。その年、私は東京電力に就職し、あの福島第一原子力発電所勤務となった。このため、弟は中野の私のアパートから八王子のアパートに引っ越すことになった。
弟の行方がわからなくなった数ヶ月後、私は、弟が八王子のアパートに帰っているのではないかと期待して訪ねていったことがある。大家さんに鍵を借り、「いてくれ!」という思いでドアを開けたが、もぬけの殻でがっかりしたことを覚えている。
両親は、そのアパートの家賃をしばらく支払っていたが、そう長くは続かず引き払った。しかし、大学の方は、期間満了で除籍となるまで学費を払い続けた。大学を辞めたということは、弟が帰ってくるのを諦めたことに等しいという考えがあり、絶対に辞めさせたくなかったのだろう。辛かったと思う。
(続く)

<<執筆者プロフィール>>

蓮池透

 
1955年新潟県柏崎市生まれ。東京理科大学理工学部卒業。 東京電力に入社し、原子燃料部部長などを歴任、2009年退社。その間、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」事務局長、副代表として拉致問題の解決に尽力。2010年、考え方の違いから同会除名。著書に「奪還 引き裂かれた24年」(新潮社、2003年)、「奪還第二章 終わらざる闘い」(新潮社、2005年)、「拉致 左右の垣根を超えた闘いへ」(かもがわ出版、2009年)、「私が愛した東京電力 福島第一原発の保守管理者として」(かもがわ出版、2011年)など。

『NPO法人 アイ・アジア』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~



関連記事
iAsia顧問 政治資金オンブズマン共同代表・阪口徳雄弁護士インタビュー
おすすめ記事
橋下政治資金の不可解(1) 8割強がパーティー券あっせん
「みんなの党」の渡辺前代表を刑事告発 憲法学者ら16人が

記事一覧へ

Return Top