iAsia

「ニュースのタネ」は認定NPO「iAsia」の運営です。

「現地報告:中国共産党腐敗官僚の実態①」   宮崎紀秀

中国で官僚や共産党員のみだらな行為の写真や映像が相次いで暴露されている。そうした写真や映像を指す「不雅」(=見苦しいという意味)という言葉を新聞やネットで目にしない日はほとんどないぐらいだ。いったい何が起きているのか。3回シリーズで伝える中国官僚の腐敗の実態。(アイ・アジア・宮崎紀秀)

暴露された雷政富元書記の映像(提供:人民監督網)

暴露された雷政富元書記の映像(提供:人民監督網)

2012年11月。ある男性が性行為に及んでいる様子を隠し撮りした映像がインターネットに流れた。男性は、北京や上海と並ぶ直轄市・重慶市の、人口73万人を抱える北碚区で共産党のトップを務めていた雷政富書記(当時)。相手は、ある企業家があてがったとされる女性だった。この映像をきっかけに紀律検査委員会が調査に乗り出し、雷元書記は収賄の疑いで立件された。

それから半年ほど過ぎた去年(2013年)6月28日。私は、早朝から重慶市の第一中級人民法院の前にいた。日本の地方裁判所にあたる場所だ。雷元書記の初公判の取材のためだ。ポルノばりの映像が暴露された事件だけあって中国での関心は高く、法廷に入る被告の姿をとらえようと一眼レフを手にしたカメラマンたちが集まっていた。

重慶市の第一中級人民法院。雷元書記の初公判が開かれた(2013年6月19日)

重慶市の第一中級人民法院。雷元書記の初公判が開かれた(2013年6月19日)

重慶は、暑い気候から中国の「四大かまど」と称される都市の一つ。そのあだ名の通り、気温は朝からじりじりと上がる。朝の静けさが喧噪に変わる頃には、集まった取材陣は汗をぬぐいながら人民法院のガラス張りの建物の周囲をうろつくこととなった。

雷元書記を乗せた車が巨大な裁判所のどこに到着するか分からず、「情報はあるか」と隣の中国人記者に声をかける。彼も「何も分からない」と首を振った。誰もはっきりしたことは分からないようだった。

Return Top