iAsia

「ニュースのタネ」は認定NPO「iAsia」の運営です。

最新記事

アベノミクスを評価した「内需主導の力強い経済成長が実現している」は本当なのか?

アベノミクスを評価した「内需主導の力強い経済成長が実現している」は本当なのか?

安倍総理が解散会見で述べた「内需主導の力強い経済成長が実現」をニュースのタネがファクトチェックしたところ、「事実と認めるには不確かな内容がある」との判定となった。これはエンマ大王度の1にあたる。(鈴木祐太/艸場よしみ/立岩陽一郎) ニュースのタネは総選挙ファクトチェックを行っており、これまで安倍総理の解散会見、日本維新...
小池百合子(希望の党HPより)

総選挙ファクトチェック 希望の党の「企業の内部留保300兆円に課税して代替財源」は「事実と認めるには不確かな要素があ...

「ニュースのタネ」は総選挙ファクトチェックを行っており、これまでに安倍総理の解散記者会見での発言や日本維新の会の松井一郎代表の発言について事実の確認を行ってきた。希望の党が、大手企業の内部留保300兆円に課税することで消費税の引き上げ分を賄えるとしていることについて、「事実と認めるには不確かな要素がある」と判定した。こ...
外国人特派員協会で記者会見をする共産党の志位和夫委員長(2017年10月16日)

総選挙ファクトチェック 共産党委員長の「残業時間の法的規制がない」は「発言に根拠は有るものの、その内容は必ずしも事実...

日本でファクトチェックを推進するために設立されたFIJ(ファクトチェック・イニシアチブ・ジャパン)はジャーナリストと市民とで今回の総選挙について、有力政治家の発言などの真偽を確認するファクトチェックを行っている。 これまでに安倍総理の解散会見や日本維新の会の松井代表の第一声で語られた発言をファクトチェックして問題を指摘...
日本維新の会・松井一郎代表

総選挙ファクトチェック 維新の「大阪で教育無償化実現している」は「事実ではない」

10月17日 総選挙での有力政治家の発言について事実関係を確認するファクトチェックを行っているNPO「ニュースのタネ」が調べたところ、選挙戦で日本維新の会の松井一郎代表が繰り返している「大阪では4歳から高等学校まで無償化している」との発言は、事実ではないことが判った。松井代表は大阪府の知事であり、実態を把握できる立場で...
総選挙ファクトチェック 安倍総理が解散理由で語った税収増「5兆円強」は本当か?

総選挙ファクトチェック 安倍総理が解散理由で語った税収増「5兆円強」は本当か?

(2017年10月11日) 対象となる言説 「(消費税の)2%の引き上げにより、5兆円強の税収となります」 判定 エンマ大王度 1 「発言の一部に事実と認定するのに不確かな要素がある」 記事 解散総選挙の理由を語った9月25日の安倍総理の会見内容を確認する総選挙ファクトチェックの第二弾。今回は、「(消費税の)2%の引き...
安倍総理の解散会見(Youtube官邸アカウントより)

総選挙ファクトチェック 安倍総理の解散理由に「事実と異なる内容」

(2017年10月9日) 今回の対象 安倍総理の発言(9月25日 解散記者会見) 「この2年間で正規雇用は79万人増え、正社員の有効求人倍率は調査開始以来初めて1倍を超えました。正社員になりたい人がいれば、かならず1つ以上の正社員の仕事がある」 判定 エンマ大王度 2 「発言に根拠は有るものの、その内容は必ずしも事実と...
総選挙ファクトチェックはエンマ大王で!

総選挙ファクトチェックはエンマ大王で!

(2017年10月8日) 「ニュースのタネ」は今回のファクトチェックについてレーティングを5段階に分けて評価することにしました。 事実 発言の一部に事実と認めるには不確かな要素がある 発言に根拠は有るものの、その内容は必ずしも事実とは言えない 事実ではない 真っ赤な嘘 それを、嘘をついた人の舌を抜くエンマ大王の顔で示し...
安倍総理解散会見(Youtube首相官邸アカウントより)

総選挙ファクトチェックの対象を安倍総理の解散記者会見に決定!

安倍総理解散会見(Youtube首相官邸アカウントより) (2017年10月7日) 「ニュースのタネ」は総選挙(2017)のファクトチェックの対象として、9月25日に行われた安倍総理の会見内容を選びました。 これは今回の「ニュースのタネ」のファクトチェックに参加しているメンバーで議論して決めたものです。 以下はその理由...
国会議事堂(衆議院HP)

総選挙ファクトチェックを実施します!

(2017年10月7日) 調査報道NPO「ニュースのタネ」は、今回の総選挙に関する政治家の発言などをファクトチェックします。 これはファクトチェックを広めるために今年6月に発足したFIJ(FactCheck Initiative Japan)の活動の一環として行われるもので、「ニュースのタネ」は、編集長の立岩陽一郎、副...
米トランプ政権、首席補佐官の辞任で更に深まる与党・共和党との溝

米トランプ政権、首席補佐官の辞任で更に深まる与党・共和党との溝

北朝鮮の弾道ミサイルどころではないというのが米政権の状況かもしれない。米トランプ政権の混迷が止まらないからだ。スパイサー広報官が辞任したのに続き、大統領首席補佐官が辞任する事態となった。 トランプ大統領は突然、ラインス・プリーバス(Reince Priebus)首席補佐官の後任に国家安全保障省のジョン・ケリー長官を就け...
Return Top